上手なアイシャドウの塗り方

アイシャドウが上手く出来ない、発色が悪くなってしまう、塗り方がわからない、もっと上手にアイメイクが出来たら、と一度は思ったことがあると思います。私自身もアイメイクがとても苦手でした。

メイクをする上で、目はとても重要であり、アイメイクは手抜き出来ない場所だと思います。しかし、アイシャドウは基本のポイントをおさえておけば、誰でも上手なアイメイクをすることができます。

まずは、アイシャドウの基本的な塗り方についてです。基本的にアイシャドウを塗る場所はアイホールと呼ばれる目頭と目尻を半円状に囲んだ部分です。この部分にアイシャドウを塗るとアイメイクのバランスや仕上がりがかなり良くなります。逆に塗る範囲が広すぎたり、狭すぎたりしてしまうとメイク全体のバランスが崩れてしまい、残念な印象になってしまいます。

また、アイシャドウは専用の道具を使うことで、目に負担をかけずにムラなく綺麗に仕上げることができます。中でも、アイシャドウブラシとチップがおすすめです。アイシャドウブラシは、まぶたにのせる際に必要で、ソフトな感触で柔らかく色が入ります。チップは、ブラシよりもしっかり色をつけることができます。目の際など、色をしっかり入れたい時にとても便利です。

次に、基本的なアイシャドウの塗り方ですが、とても簡単で綺麗に仕上げる方法があります。まず、アイホール全体に明るい色(パールやラメが入っていると良い)をアイシャドウブラシでのせます。こちらをしておくと、目のくすみが取れて、明るい印象になります。

次に、目の際にメインの色を細くチップでのせます。ここで、アイホールに向かって軽くなじませます。

次に、中間色(ベージュ系)をアイホールと目の際の間にブラシでのせます。これをやる事によって、綺麗なグラデーションができます。

最後に、明るめの色(ホワイトや明るめのピンク、ベージュなど)を下まぶたの目頭から目尻に向かって3分の2程、チップでのせて完成です。

この方法で、誰でも綺麗に仕上げることができます。