まつげメイクのメリット、デメリット

マスカラ、つけまつげ、まつエク全て試した私がそれぞれのメリット、デメリットを紹介します。

まずマスカラ。
高校生の時はマスカラしか存在を知らず、ずっと使っていました。
まずメリットですが、高校生でも買える値段も多く種類も豊富ですので色々試して自分に合ったマスカラを選べる事です。
また、つけまつげやまつエクと比べると比較的自然なメイクになります。
次にデメリットですが、慣れるまではひじきになってしまう事。
私が初めてマスカラをしたのは高校1年生の時。
なかなかうまくいかずに学校や遊びに行くようになるまでは数カ月かかってしまいました。

次にマスカラは落ちる。友達と大笑いしてトイレに行って鏡を見てびっくり。
パンダになっていました。
落ちないようにするにはトップコートが無難でしょう。
そして一番苦労したのがクレンジングです。オイルクレンジングを使っていましたが、1回に何プッシュ使った事か。
今はお湯でオフのマスカラもたくさんありますので、気になる人はそちらをおすすめします。

次につけまつげ。
大学時代に出会ってお世話になっていました。
まずメリットですが、楽ちんな事。慣れれば10秒かからずつける事が出来ます。
そしてクレンジングが楽。つけまつげをはずしてしまえばその他のメイクを落とすだけです。
そして種類が豊富。安い物なら100円で手に入ります。
次にデメリットですが、慣れるまで大変な事です。特に一重や奥二重(私は奥二重です)の人にとっては慣れるまでは瞼にノリがついてしまって目がひっついてしまったり。
自分に合ったノリを探すのも時間とお金がかかる事もあります。

最後にまつエクです。
社会人になった時に朝1秒でも長く寝たいと思い、まつエクをしました。
メリットは楽な事。すっぴんでもすっぴんらしくならず旅行でも綺麗でいれます。
デメリットは私の場合ですが瞼が荒れてしまった事。
最初は慣れていないからと思っていましたが、だんだん目が乾燥したようにカサカサになってしまって最終的には真っ赤になってしまいました。
お店に問い合わせるとすぐにオフしに来て下さいとの事でした。
マスカラ、つけまつげに比べると格段に高かったのでショックでした。
お店選びには本当に注意が必要です。

以上の経験から私のおすすめはずばり、つけまつげです。
今ではつけまつげ歴10年以上。もう手放せません。