美容と運動

ランニング

美容といえば、最初に思い浮かぶのはコラーゲンやプラセンタ、スクワランなど化粧品に入っている成分だとおもいます。

サプリメントで摂取している方も多いとおもいます。サプリメントや化粧品などで、美を保っているのもいいとおもいますが、美容と運動の関係について書いていこうと思います。

運動をすれば、まず毛穴が開き適量の皮脂が分泌されて毛穴の開閉機能が活発になります。クーラーがきいた部屋にずっと居たりする人などは、身体が体温調節するため毛穴の機能が低下します。

汗には、角質をとる効果があります。自然のピーリングですね。肌表面にたまった古い角質をとってくれて、つるつるな肌になる手助けをします。

また、運動をすれば、血流がよくなり必要な栄養が巡り、老廃物を排出する効果もあります。むくみもとれてスッキリ美人になる効果もあります。むくみをそのままにしていると、太って見えたり代謝が落ちて太りやすくなってしまいます。

血流が良くなれば、肌のターンオーバーも良くなり肌の代謝がアップし美肌になります。運動には、まだまだ色々な効果があります。ストレス解消にもいいんです。

ストレスと美肌って関係あるのかと思うかもしれませんが、ストレスがたまると、知らない間に血行不良・食欲不振・不眠など色々な悪影響が肌に出てきます。

結果、ターンオーバーが乱れ肌バリア機能が低下し、外部からの刺激を受けやすい状態になってしまいます。
睡眠中は、成長ホルモンの分泌が促される時間帯です。ゴールデンタイムとも言われています。

ですので、不眠は成長ホルモンが少なくなり肌の新陳代謝が下がります。運動は、他にも脳疲労やうつ病、精神疲労、癌などに効果があると言われています。

セロトニンやエンドルフィンを増加し、免疫力を低下させる物質を排除します。セロトニンは、精神疲労などを回復させる効果があり、エンドルフィンは、気分をリラックスさせてくれる機能があります。

運動のやりすぎは、良くないですが適度の運動は、身体にももちろん肌にもいい結果を与えてくれます。永遠のテーマの美容は、日々の努力だと思いました。