赤のシャドウ

アイメイクの私の最近のこだわりはウサギ目メイクです。ウサギのようにクリクリでまん丸した小動物のような目をメイクで表現しています。やり方は簡単でアイシャドウは赤のシャドウを使います。

アイホールの全体的に赤いシャドウの乗せて指でボカします。アイラインは細く引いて目まつ毛の間を埋めていきます。タレ目になるように目尻を下げて長めに書きます。

目の下の涙袋にハイライトのシャドウを使います。目頭の所にもハイライトのシャドウを目頭の形に合わせてこのような三角になるように書きます。

ハイライトのシャドウの上から赤のシャドウを細く目の下に入れます。その後指でボカしてなじませていきます。
目尻の下にタレ目になるようにアイラインを埋めていきます。その後ブラウンのシャドウを重ねてボカします。

赤だけだと派手すぎるから嫌な人は明るいブラウンを赤と混ぜて使うとナチュラルになります。アイホールに赤を使った後にブラウンのシャドウを使うとよりナチュラルになると思います。

そのあとマスカラをしていきます。マスカラをする時のポイントは薄くつけることです。ウサギのようなクリクリの目になるように薄くダマにならないようにします。ナチュラルになるように目の真ん中をメインにマスカラをします。

最後にビューラーをして完成です。

赤い目に合わせてピンク系のチークをすると可愛いです。ウサギのような可愛い赤い目になると女の子らしさが出ます。ウサギメイクはやり方や色によって雰囲気が変わるので自分にあう方法を研究しながらやってみました。
秋冬は服の色も落ち着いた色になってくるのでアイメイクで色を取り入れると華やかになります。

赤を使う事で肌も綺麗に見えるような気がします。赤いシャドウはウサギメイクの他にもハロウィンの仮装する時にも大活躍します。ハロウィンのときには濃い目に赤いシャドウを使い、ペンシルのアイラインを使ったりしてもいいと思います。

今まではやった事がない人でも赤よシャドウは使いやすいと思うので今年の冬に挑戦してみて欲しいと思います。