健やかなお肌の作り方

仕事に家事に育児、子育てしながら社会に進出する女性も増えてきました。そんな中、ストレスだらけの不規則な日常で自分の美容にかける時間、お金など限られているかと思います。

お肌のコンディションが悪いと外出も避けたくなるし、モチベーションもグッと下がってしまいますよね。だからといって高い化粧品には手が出ないもの…

今回はあまりお金をかけず、健やかにお肌を保つ方法を紹介してゆきたいと思います。まず、化粧についてですが、女性にとって化粧は社会に出ると必要不可欠になるものです。肌が荒れているからといってあまり厚化粧し過ぎると、クレンジングを何度もすることになったり汚れが残ったりして結果的に、肌を傷めてしまいトラブルの元になってしまうのです。

基本は紫外線対策に下地と軽くパウダーファンデーションをつける程度が望ましいでしょう。化粧直しは、パウダーファンデーションを上から軽くつける程度で充分に紫外線対策の効果があります

洗顔は、熱いお湯は使わずぬるま湯で優しく洗顔しましょう。洗顔フォームは肌に刺激の少ない泡のタイプがオススメです。

また、最近何かと話題のプラセンタですが美白効果もあり、シミ予防になります。手軽に使えるジェルタイプの物もでているので、寝る前にさっと塗るだけなら忙しい主婦の方でも負担になりません。ベタつかずサラッとしているのでオススメです。

また、休日は化粧をせず、お肌を休ませてあげる日も、週一くらいで設けたいものです。紫外線よりも実は日焼け止めや化粧品の方が肌に与える負担は大きいのです。

また、質の良い睡眠をとることも大切です。とは言っても働く主婦にとってはなかなか難しい課題かもしれません。私自身も3つの仕事を掛け持ちしておりそれどころではありません。

睡眠は、長さではなく、深さだと思ってください。長ければ質の良い睡眠をとれているという訳ではないんです。なかなか寝付けない時には、5~6回、深く深呼吸しましょう。枕の高さは、自分に合ったものを選びましょう。枕の高さがあっていないと法令線や首のシワの原因にもなりますよ。

 

呼びかけ