綺麗になるために外面を磨く

綺麗になるには

女性であれば「綺麗になりたい」と本能で思うそうです。綺麗になることは本能であるため、幸せ感に繋がるそうです。

では、綺麗になるにはどうしたら良いでしょうか?

まずできることは、外見を変えることです。服装、メイク、美肌、表情、姿勢、とたくさんありますが、服装やメイクは研究が必要です。雑誌や街を歩いている人の服装やメイクを見ることも研究の一つです。どちらもTPOに合わせたものをすることが大切です。

表情はなんといっても笑顔です。無表情な人より表情が豊かな人の方が綺麗に見えます。笑顔や口角を上げる意識をしてみるとそれだけでも印象が変わります。

姿勢も意識することで痩せやすい体つくりに繋がったり、筋肉をつけることで肩こりや腰痛にもよい効果がみられるという声もあります。

では、美肌はというと、これが一番難しいのかもしれません。何故なら、美肌は一日にしてならずであるからです。美肌を手に入れるためには食生活、スキンケア、メンタルなど様々なケアが必要です。

食生活は、バランスのよい食事がベストですが、ビタミンを積極的に摂取したり、貧血気味の方は鉄分やたんぱく質も必要です。スキンケアは自分の肌に合ったものを選ぶことがポイントですが、中でも過保護にしない潤いを与えるものや、自らの力で潤いを引き出すための血行ケア、洗顔もお肌に合わせてすることが大切です。そのためには、ぜひオススメなのが、肌のしくみを知ることです。知識は意識を変え、意識は行動を変えます。行動が変わることで結果が変わるので、知識はとても大事です。

では、メンタルがどうお肌に影響するかというと、「皮脳同根」という言葉があるように、皮膚と脳はつながっていると言われます。梅干しを想像するだけで唾がでてくるように、頭で考えたことが体に出ます。ストレスを感じるとニキビができたりすることもその一つです。

なので、ストレスをためないこと、ストレス発散方法を見つけること、切り替え力をつけることを、プラス思考になることなども美肌によい影響を与えるでしょう。

このように、外面を綺麗にすることについて述べましたが、少しは綺麗になれそうと感じてもらえましたか? ぜひ、よいと思ったことは実行してみてください。