美容はその時必要なもの取り入れて

元気な女性

 

美容は肌にとって、全てのものが揃っていて初めて美肌となれるのです。健康でない人が美容液をたっぷり塗っても顔色が悪いままですし、若くてハリがピンッと張った人にハリが出る美容成分をたっぷり塗っても、元々有る成分の上から足しても、塗りすぎでベタベタするだけで余分なものとなるのです。

全ての人が肌に良い物を全部補う必要は無くて、その時々に必要なものを取り入れると良いのです。夏の暑い時にベタベタする美容成分をたっぷり塗っても汗で流れたりしては余り意味がありません。冬の乾燥する肌寒い時期に、油分の無い美容成分を取り入れても、塗っても塗っても肌がカサカサなままです。

季節や、時期や、年齢や、その人に合うものなど、肌の状態によって、その時に肌に不足している、肌に必要と思われる美容成分を補うと美肌になれるのです。肌は産まれ持ってガサガサした肌で生まれてくる人は少ないです。産まれ持って肌はキレイなのです。それを、何歳になってもキレイに戻ろうとする力がそれぞれ持っているのです。ターンオーバーと言うサイクルで肌が元の肌に治る力が備わっているのです。怪我をしても自然治癒力があるのと同じなのです。

だから、それを助けるように手助けする成分を補うのです。日光を浴びたなら、ビタミンが無くなります。そうしたら、ビタミンを補うと良いのです。老化で弾力が不足したのなら、弾力あるエレメントを補い、くすみがあるのなら、くすみが取れるエレメントを補います。

そのようにその時によって不足気味なもの補う事が必要なのです。そして、美容成分として外部から塗って、取り入れる事ばかりでは無く、体内にも栄養成分を取り入れることも必要です。食べ物として取り入れてもよいですが、サプリメントで取るの効果抜群でしょう。さらに、適度な汗を流したり、運動をしたり、そして、便秘などもならないように、体の中の状態も気をつけて置くと、美容に関連して効果が出る事でしょう。