アイメイクで心がけていること

目元

 

私は接客業勤務のため、メイクは毎日欠かせません。お客様との距離が近いので、特にアイメイクは丁寧にしています。カラコンは使用していません。

前はアイラインは欠かさず引いていました。黒色で若いギャルのようにガッツリ引いていました。ですが、キツく怖い印象になると指摘されたため、今はブラウンで最低限の入れ方をしています。
使うのはペンシルタイプです。リキッドだとヨレが気になるため、ぼかしが効くのでペンシルタイプは重宝しています。インラインはせずに、少しタレ目になるよう目尻の際にいれて優しげな目元に仕上げます。
マスカラはしないので、アイシャドーも同じブラウンでまとめています。ただ、アイシャドーベースはホワイトやピンク系で華やかさを意識しています。下まぶたも黒目を際立つように明るめの色を入れています。

メイク法は特にこだわってはいないのですが、好きな芸能人の一人である女優の石原さとみさんを意識して仕上げています。彼女の、少し黒目がちで優しげな目元は、やはり惹き込まれるものがあり、とても魅力的だと感じています。

落とすときはアイメイクリムーバーが欠かせません。メイクを始めたときは、洗顔料と一体化になったクレンジングを使っていました。しかしだんだん目尻のクマが気になるようになっていきました。きちんと睡眠をとっているのに、と疑問に思っていました。しかし雑誌を読み、クマではなく、きちんとアイメイクを落としきれていない色素沈着だということを知りました。

それからはずっとリムーバーが欠かせません。忙しくて疲れていると面倒臭く感じることも多々ありますが、すっぴんでも綺麗でいたいので忘れずしています。
リムーバーはオイルタイプを使用しているために目元の乾燥が気になります。なので週に一度は全顔のシートマスクをしています。目元の際まできちんと浸透するよう、気にしています。

やる気が起きない日もありますが、これから先の年齢を重ねていく時に、やってよかったと感じていたいです。
これが私のアイメイクで心がけていることです。