薄く見えてシッカリメイク

お化粧の中でも、一番時間がかかったり、気合いが入るのは、アイメイクかと思います。アイメイク一つで、顔の印象は、すごく変わるし、今は、アイメイク用の化粧品も沢山販売されています。二重にするものや、目の印象を、だいぶ変える、つけまつげなども、沢山の種類が出ています。値段もお手頃だったりしますので、若い人でも、購入しやすいかと思います。

わたしも、アイメイクには、こだわりがあり、メイクの中でも、一番時間をかけているぶぶんでもあります。まず、アイメイクは、濃く見えてしまうと、すごくキツイ印象を与えてしまいます。かといって、薄すぎると、あまり化粧をする前と、見た目が変わらなかったりもするので、難しい所ではあると思います。そこで、メイクが濃く見えずに、でもシッカリメイクをしたい人にオススメな、アイメイク方法を紹介します。

先ず、リキッドアイライナーでは無く、ペンシルアイライナーを使用します。ペンシルアイライナーで、目に、ラインを引きます。決して、幅は太くならない様に、まつ毛の周りを、囲む様に引きましょう。それから、次は、まつ毛の間をペンシルで埋めていきます。

まつ毛の間が空いていると、いくら頑張ってアイライナーを引いても、あまりキレイに見えないし、目が大きく見える事もありません。なので、まつげの間を埋めるのは、すごく大切な事なのです。そして、きれいにまつ毛の間が埋まったら、ようやくリキッドアイライナーの出番なのです。

先に、ペンシルアイライナーで引いた、目の周りのラインにそって、上からラインを引いていきます。この時も、決して太くならない様に、細心の注意が必要なのです。ここで、アイラインが太くなってしまうと、化粧全体が濃く見えてしまうので、一番気をつける所だと思います。リキッドアイライナーをする前に、ペンシルアイライナーでラインを引いておく事で、薄くても、しっかりアイラインを強調できるのです。

わたしのオススメアイメイクポイントです。