マスカラ重ね塗りだけど自然に見える

簡単に言ってしまえば、いつものお化粧の合間にマスカラを少しずつつけるだけです。

まずはアイラインを引きたい方は先にアイラインをひいておいていただいて、まつげを3パートくらいに分けてビューラーをかけます。そして、マスカラをつけるのですが、本当に少しだけつけます。つけたかどうか分からないくらいで調度良いです。マスカラを付ける前にマスカラのブラシについているマスカラ液をできるだけそいで置くと良いです。

次に、下地やファンデーションを塗ったら、上記同様にまたマスカラをとにかく薄くつけます。ここではビューラーは不要です。マスカラを塗る前に一度目のマスカラが乾いているのを確認して下さい。

右アイブロウを書いた後に、また薄くマスカラをつけます。左アイブロウを書いた後に、チークをつけた後に、と薄くマスカラを塗るのを繰り返していきます。2度目同様にマスカラを塗る前には、その前につけたマスカラが乾いていること、そして、ブラシにマスカラ液がつきすぎていないことを確認してマスカラを塗っていって下さい。

このようにお化粧の合間に薄く薄くマスカラを重ね塗りしていくことでより自然なまつげを作ることができます。

また、十分にマスカラがついてると感じたらその時点で塗るのを止めていただいてもちろん結構です。その時点で、マスカラがよく渇いているのを確認し、またまつげを3パートに分けてビューラーをかけます。これでマスカラ重ね付けだけど自然まつげの仕上がりです。最後にビューラーをかける時に思っていたよりもまつげがしっかりカールしてしまうことがあるため、優しくビューラーをかけて頃合いを見ながら強弱をつけて下さい。

私個人がマスカラを塗る回数は、合計8から10回くらいになると思います。

ここに載せている順序は私のお化粧のやり方です。個人でお化粧の順序は違うと思います。その順序の合間にマスカラを少しずつつけ、渇かして、また薄くマスカラをつけていくというのがコツになります。