緑内障の副作用!?

ケアプロストは、育毛効果のあるまつ毛の美容液です。主成分はビマトプロストで、まつ毛の成長を促進させる働きがあります。

元々は緑内障治療薬の点眼液に含まれる成分で、緑内障患者が使用しているうちにまつ毛が伸びてくるという副作用が起こったことから研究がすすめられ、ビマトプロストに育毛効果があることが分かりました。その後、まつ毛美容液として製品化され、現在では女性の間で話題となる商品となっています。

最初に発売されたのはルミガンで、こちらのジェネリック医薬品となるのがケアプロストです。ジェネリックということで価格もお安くなっていますが、医薬品のため使用の際は医師の処方が必要となり、緑内障治療ではなく美容目的であるため保険診療ができません。診察料等を含めると結果的に高額となってしまいます。

国内では、ケアプロストがビマトプロストという医薬成分が含まれている美容医薬品であるため、ドラッグストアなどでの販売の認可が下りてませんが、海外ではすでに販売が認められているので、インターネット上の海外の通販サイトなどでお安く購入することが可能です。

ケアプロストの効果は多くの方が実感されており、大変人気のある商品となっています。使用後約2~3か月でまつ毛が生え揃う場合が多く、まつ毛が伸びるだけでなく、太くハリが出てくると実感されています。これらは1~2週間程度で感じられることが多いです。

ケアプロストのメリットは、つけまつげやエクステなどの必要がなく、自まつ毛でボリュームと長さを実感できることです。さらに、まつ毛の抜け毛が防止でき、短く不揃いな下まつ毛もしっかり生え揃うことでナチュラルな目力を演出できます。

メイクを落とした後に1日1回塗るだけの簡単ケアで良いので、面倒になることなく続けることができます。美容液の塗布の際は、専用のアプリケーションに1滴たらして塗布するのですが、衛生上アプリケーションは使い切りタイプとなっているため長く続けるには費用がかかります。使用者の中には、お手持ちのアイラインブラシなど先の細いブラシをエタノールで消毒して使う方もおられ、これだと経済的で続けやすいかもしれません。

まつ毛が長く生え揃うことで、メイクの時間も短縮される上、つけまつげの購入やエクステ施術を受けられていた方なら、かなりの費用と時間が抑えられるので、とてもメリットの多い結果となります。こういったことから、今後ますます人気が高まってくると予想されます。