ケアプロストを使ってみよう!

つけまつげをつけてみると、もともとの目元との違いがはっきりわかります。目元を印象付けるなら、まつ毛のおしゃれは欠かせません。ケアプロストは、もともとは緑内障の患者さんが、眼圧を下げるために使用する薬でしたが、まつ毛が長くなるという副作用がみられました。まつ毛を濃ゆく・長くする効果があるジェネリック医薬品として、2009年にアメリカで認可されました。研究を進めていくうちに、ケアプロストに含まれるビマトプロストという成分が、まつ毛の成長を促進する作用があるということがわかりました。

このビマトプロストですが、毛周期の中で成長期を延長する働きや、毛根を刺激する働き、メラニン生成を活発化しまつ毛の色を濃ゆくする作用があるほか、色素沈着を起こしやすいとか、ドライアイにやりやすいという副作用が見られます。こういった副作用が見られたら、すぐに使用を制限してください。この処置で改善されることがほとんどです。

日本では、まつ毛専用の美容液が発売されていますが、その効果をこういった効果があるという言い方は薬事法に触れる恐れがあるために言えません。そもそも美容液に医薬品としての作用があるのも、薬事法違反になってしまう恐れがあります。

使用方法は、1日1回メイクや油分を落とした状態で、上まぶたのつけ根に付属のアプリケーターに1滴だけを落として塗ります。沢山塗ったからといって早く効果が出るものではないので、使用する量は絶対に守ってください。また、塗る回数を増やしても同じことが言えますので、夜1回だけ使用することも併せて守ってください。

塗る際の注意点は、充血を防ぐため目の中に入らないように塗ってください。もし、まつ毛からはみ出した液があれば、必ずきれいにふき取ってください。1ボトル(3ml)で1か月~2か月程度使用することができます。使用してだいたい1~2週間程度でまつ毛がなんとなく太くなったとか濃ゆくなってきたと実感し、2~3か月使用すると生えそろう人が多いです。多少の個人差はありますが、効果を体感することができます。

どういうところで購入ができるのかというと、日本では残念ながら認可されていないために、ドラッグストアや薬局では販売されていません。大手のインターネット通販サイトでも同じことが言えます。国内で手に入れるなら、美容外科で取り扱っているところもありますが、見つからない場合は、医薬品専門の個人輸入代行サイトで、購入することができます。

ケアプロストの通販に関しては「まつ毛美容液ケアプロストを最安値で通販したい!!」を参照ください。